食べ物の好き嫌い

好き嫌い

世の中には数えきれないほどの食べ物があるが好き嫌いが必ず付いて回る。
万人が好きである食べ物は嫌いという人はそうそういないと思うが…。
嫌いな食べ物は無理して食べる事はないが、どうしても食べなければならない時もある。
例えば子供がいる前での食事になると示しがつかないし、その食べ物に対し悪い印象を与えてしまう可能性だってある。
嫌いな食べ物と言うものはそれなりの理由があるが、好き嫌いが分かれるものと言えば、匂いの強い物、味が濃い物、食感が独特な物のどれかになるが特に野菜が嫌いという人が多い。
玉ねぎやピーマンやゴーヤは味が苦く匂いも臭いため嫌いという話をよく聞く。
他にも納豆なんかは匂いも強く味も濃く食感も独特である為、子供達が嫌いな食べ物の代表的なものだ。
嫌いな食べ物にあげられる物を見てもらえればわかるが、このような食べ物は大概は栄養があり体に良い物が多い。
好きな物を食べて嫌いな物を食べなければ当然栄養のバランスが偏ってしまう為病気になりやすい体になってしまう。
健康の事を考えるならどんな物でも食べることが大切なのは言うまでもない。
子供でも大人でも好き嫌いをなくすにはちょっとした努力が必要になるが、大切な場であれば無理をする事も必要になるだろう。