食べ物とダイエットの関係

食べ物とダイエット

食べ物を使ったダイエットは探してみればたくさんある。
トマトであったり、芋であったり、ホウレンソウであったり…。
野菜や魚や肉類などびっくりするほどその量は多い。
しかし、どれが本当に効果があるのかはわからない。
また、実際に食べてみてもそこまで効果がなかったりとどうにもならない。
食べ物を使ったダイエットには大抵それだけを食べるのではなく、「バランスの取れた食事にプラスとして食べる」という事を推奨されている。
つまり、ダイエットに必要なのは、どれか一つの栄養素や食べ物ばかりを取るのではなく、毎日きちんと栄養バランスの取れたものを食べる事こそが最もダイエットおよび健康作りに重要なのだ。
ところで小さい頃に食べ合わせを注意された事はありませんか?
例えばうなぎと梅干を一緒に食べてはいけないだとか、天ぷらと氷水を一緒に口にしてはいけないだとか、人によって様々な内容があると思う。
それはいっぺんに物を食べないようにという意味もあるのだが、実際に一緒に口にしない方がいいというきちんとした理由がある。
例えば天ぷらに氷水であれば、天ぷらの油に冷たい水を加えれば胃の中で分離してしまい胃もたれを起こしてしまう事が多いからだ。
昔の人は原理こそはわからずとも、美味しい物を美味しいまま食べる為にこうして残しているわけだ。
一概に古い考えと言うだけではなく、昔からの知恵として知っておくと良いかもしれない。